教育活動

第18回海外特別研修日誌(2016年)

海外研修14日目。

 この度の研修もとうとう残り三日となりました。Host familyとのご飯も今日を入れて後二日、みんな日本にも帰りたいがアメリカも恋しくなっている時期でしょう。

 今日は研修を受けているカリフォルニア大学アーバイン校の教授であるBlumberg教授による、「動物が肥満症の原因となる内分泌撹乱物質(EDCs)に晒された際の影響」という内容のレクチャーを受けました。まず、EDCsは様々な商用化学製品に含まれていて、これらは人体ホルモン作用に影響を及ぼし、肥満症を促進や癌の原因になっていることを紹介していただきました。そして、実はEDCsに暴露された影響が世代を超えて影響を及ぼすという最新の研究成果について学びました。とても難しい講義で理解するのに頭がフル回転でした。生命科学の背景知識がもっとあれば、もう少し容易に理解できたのではないかと思いました。

IMG_0671.jpg IMG_0674.jpg

 講義が終わった後は地元のスーパーで買い物をし、ホストマザーとイタリアンを食べに行きました。ピザがとても大きく食べきれないので持ち帰り朝食となります。これがアメリカです。家に着いてからはたくさんの猫たちに歓迎されます。とても可愛い家族たちです。この子たちと過ごせるのもあと三日。一日一日大切にしたいと思います。

(小林・宮崎)

picture01.png picture02.png