極限研の真核生物の起源に関する論文がJournal of Molecular Evolutionに、海底マンガンクラスト中の微生物に関する論文がPLOS ONEに、掲載されました。

海底マンガンクラストの微生物解析に初めて成功

 

海は地球表面の2/3を占めていますが、海底面の広い領域がマンガンクラストにおおわれています。マンガンクラストは、マンガンと鉄を主成分としてコバルトニッケル、銅などの他、白金などの貴金属を含んでいます。マンガンクラスト形成機構はまだ不明ですが、その過程に微生物の関与が疑われています。極限環境生物学研究室ではマンガンクラストの微生物の遺伝子解析に初めて成功しました。マンガンクラスト形成にアンモニア酸化菌が関与している可能性がわかりました。

Nitahara et al., 2011, 2017

マンガンクラスト2.jpg
海底面に広がる不思議なマンガンクラスト(上)と その断面(下)。
右下では、黒いマンガンクラスト層中に茶色の堆積物が含まれていることがわかる。