分子神経科学研究室の、松本悠太郎君(M2),清水和哉君(4年生、2017年度卒)、森本准教授、山内教授らは、ショウジョウバエにおいて、プレパルスインヒビション(PPI)という現象が起こることを見出しました。PPIは大きな刺激に対する驚愕反応が、直前に存在する微弱な刺激により阻害される現象で、統合失調症の患者さんでは、PPIの低下が認められ、診断テストの一つにも使われている現象です。これまで、ショウジョウバエでは報告されていませんでしたが、本グループが、初めて、幼虫の音に対する驚愕反応を用いて、PPIを発見しました。今後、この実験系を応用して、精神疾患研究に役立てたいと考えています。

 

Prepulse inhibition in Drosophila melanogaster larvae

Yutaro Matsumoto, Kazuya Shimizu, Kota Arahata, Miku Suzuki, Akira Shimizu, Koki Takei, Junji Yamauchi, Satoko Hakeda-Suzuki, Takashi Suzuki, Takako Morimoto

Biology Open 2018 7: bio034710

doi: 10.1242/bio.034710 Published 27 September 2018