ゲノム病態医科学研究室の佐藤礼子助教が、「がん細胞における薬剤耐性制御機構に関わるタンパク質の解析」により、平成30年度日本生化学会奨励賞を受賞しました。

日本生化学会奨励賞は、生化学の進歩に寄与する顕著な研究を発表し、将来の発展が期待される40歳未満の若手研究者に与えられる賞です。授賞式および受賞講演は第91回日本生化学会大会にて2018年9月24日に行なわれます。