志賀 靖弘(しが やすひろ)

東京薬科大学生命科学部環境ゲノム学科助教(博士(農学))


略歴

1968年1月 愛知県名古屋市生まれ
1986年3月 愛知県立岡崎高等学校卒業
1990年3月 名古屋大学農学部食品工業科学科卒業
1992年3月 名古屋大学大学院農学研究科食品工業科学専攻博士前期課程修了
1995年3月 名古屋大学大学院農学研究科食品工業科学専攻博士後期課程修了。同時に学位取得
(この間1994年4月~1995年3月 国立遺伝学研究所特別研究学生)
1995年4月 東京薬科大学生命科学部環境生命科学科 助手
2007年7月 東京薬科大学生命科学部環境ゲノム学科 助教
  現在に至る


現在の研究テーマ

ミジンコ発生における形態形成遺伝子群に関する研究

(1) 形態形成遺伝子群の発現パターンおよび発現メカニズムの解析 

甲殻類の形態多様性の成立と形態形成遺伝子の分子進化の関係を明らかにするために、ミジンコが持つ形態形成遺伝子群の発生時期および組織特異的発現に関する解析を行う。

(2) 形態形成遺伝子群の発生における機能の解析

ミジンコ発生過程における形態形成遺伝子群の機能を明らかにするために、遺伝子機能の破壊や形質転換系の開発を試みる。


所属学会

*日本発生生物学会
*日本分子生物学会


研究業績(2011年2月7日現在)

原著論文
1. Shiga, Y., Hasegawa, K., Tsuboi, A., Yamagata, H., and Udaka, S., Characterization of an extracellular protease inhibitor of Bacillus brevis HPD31 and nucleotide sequence of the corresponding gene. Appl. Environ. Microbiol., 58, 525 - 531 (1992).[PubMed]
2. Shiga, Y., Yamagata, H., and Udaka, S., Characterization of the gene encoding an intracellular proteinase inhibitor of Bacillus subtilis and its role in regulation of the major intracellular proteinase. J. Bacteriol. 175, 7130-7137 (1993).[PubMed]
3. Shiga, Y., H. Yamagata, N. Tsukagoshi, and S. Udaka, BbrPI, an extracellular proteinase inhibitor of Bacillus brevis, protects cells from the attack of exogenous proteinases. Biosci. Biotech. Biochem. 59, 2348-2350 (1995).[PubMed]
4. Shiga, Y., Tanaka-Katsumata, M., and Hayashi, S., A nuclear GFP/b-galactosidase fusion protein as a marker for morphogenesis in Drosophila. Develop. Growth & Differ. 38, 99-106 (1996).[Abstract, PDF]
5. Tokishita, S., Shiga, Y., Kimura, S., Ohta, T., Kobayashi, M., Hanazato, T., and Yamagata, H. Cloning and analysis of a cDNA encoding a two-domain hemoglobin chain from the water flea Daphnia magna. Gene 189, 73-78 (1997).[PubMed]
6. Ohta, T., Watanabe-Akanuma, M., Tokishita, S., Shiga, Y., and Yamagata, H., Development of new tester strains derived from E. coli WP2uvrA for the determination of mutational specificity. Mutation Res. 413, 219-225 (1998).[PubMed]
7. Ohta, T., Watanabe-Akanuma, M., Woodgate, R., Tokishita, S., Shiga, Y., and Yamagata, H., Promotion of mutagenesis by rumAB genes in Salmonella typhimurium strains TA1535 and TA2659. Environ. Mutagen Res. 20, 11-17 (1998).[Abstract]
8. Ohta, T., Tokishita, S., Shiga, Y., Hanazato, T., and Yamagata, H., An assay system detecting environmental toxicants with cultured Cladoceran eggs in vitro: Malformations induced by ethylene-thiourea. Environ. Res. 77, 43-48 (1998).[PubMed]
9. Shiga, Y., Maki, M., Ohta, T., Tokishita, S., Okamoto, A., Tsukagoshi, N., Udaka, S., Konishi, A., Kodama, Y., Ejima, D., Matsui, H., and Yamagata, H., Efficient production of N-terminally truncated biologically active human interleukin-6 by Bacillus brevis. Biosci. Biotechnol. Biochem. 64, 665-669 (2000).[PubMed]
10. Shiga, Y., Yasumoto, R., Yamagata, H., and Hayashi, S., Evolving role of Antennapedia protein in arthropod limb patterning. Development 129, 3555-3561 (2002).[PubMed]
11. Sagawa, K., Yamagata, H., and Shiga, Y., Exploring embryonic germ line development in the water flea, Daphnia magna, by zinc-finger-containing VASA as a marker. Gene Expression Patterns, 5, 669-678 (2005).[PubMed]
12. Tokishita, S., Kimura, S., Mandokoro, Y., Kato, K., Shiga, Y., Takahashi, Y., Ohta, T., and Yamagata, H., Tissue-specific expression of a bHLH-PAS protein homologous to ARNT during the development of crustacean Daphnia magna. Gene 376, 231-239 (2006).[PubMed]
13. Shiga, Y., Sagawa, K., Takai, R., Sakaguchi, H., Yamagata, H., and Hayashi, S., Transcriptional readthrough of Hox genes Ubx and Antp and their divergent post-transcriptional control during crustacean evolution. Evol. Dev. 8, 407-414 (2006).[PubMed]
14. The Daphnia Genomics Consortium (Coubourne, J.K., et al.), The Ecoresponsive Genome of Daphnia pulex, Science 331: 555-561 (2011).[PubMed]
15. Kato, Y., Shiga, Y., Kobayashi, K., Tokishita, S., Yamagata, H., Iguchi, T., Watanabe, H., Development of an RNA interference method in the cladoceran crustacean Daphnia magna. Dev. Genes Evol. (2011) in press.

総説・著書など
1. 志賀靖弘. ミジンコの可能性. 生命誌 6 (2), 20-21 (1998)
2. 志賀靖弘、基礎生化学実験法、第4巻、核酸・遺伝子実験 II.応用編、日本生化学会編、東京化学同人、pp. 21-25 (2001).
3. Hayashi, S., Yamagata, H., and Shiga, Y., Changing roles of homeotic gene functions in arthropod limb development. In Morphogenesis and Pattern Formation in Biological Systems (Sekimura, T. et al. eds.) pp. 83-96, Springer-Verlag Tokyo (2003).[Amazon.co.jp]

国際学会発表
1. Shiga, Y., Yamagata, H., Udaka, S.. Proteinase Inhibitors from Bacillus subtilis and B. brevis. 7th International Conference on Bacillus. 1993/7, Paris, France.
2. Tokishita, S., Kimura, S., Shiga, Y., Ohta, T., Kobayashi, M., and Yamagata, H., Two-domain hemoglobin chains from the water flea Daphnia magna. 17th International Congress of Biochemistry and Molecular Biology, 1997/8, San Francisco, USA.
3. Shiga, Y., Hayashi, S., and Yamagata, H., Did the genes remain the same? Analysis on homeotic and some other developmental genes in the water flea, Daphnia magna. The 44th NIBB Conference, Evolution and Development, 2000/3, Aichi, Japan.(招待講演)
4. Shiga, Y., Akimoto, A., Yasumoto, R., Takagi, K., Hayashi, S., and Yamagata, H., Developmental genes in the water flea, Daphnia magna, The 14th International Conference on Developmental Biology, 2001/7, Kyoto, Japan.
5. Shiga, Y., Yasumoto R., Takai, R., Yamagata, H., and Hayashi, S., Evolving role of HOM protein in limb patterning. The 2002 meeting on "Evolution of developmental diversity", 2002/4, Cold Spring Harbor, New York, USA.
6. Yamagata, H., and Shiga, Y., Expression patterns of developmental and signal-transducing genes in Daphnia. Daphnia Genomics Consortium Annual Meeting, 2002/10, Indiana, USA. (招待講演).
7. Yamagata H., Shiga, Y., and Tokishita, S., Hox, hemoglobin, and vitellogenin gene clusters in Daphnia magna. Daphnia Genomics Consortium Annual Meeting, 2003/9, Manchester, New Hampshire, USA. (招待講演).
8. Tokishita, S., Kimura, S., Mandokoro, Y., Takahashi, Y., Shiga, Y., Ohta, T., and Yamagata, H., Molecular cloning and charactarization of cDNAs encoding bHLH-PAS proteins orthologous to mammalian Arnt and HiF-1a from Daphnia magna, Daphnia Genomics Consortium Annual Meeting, 2003/9, Manchester, New Hampshire, USA.
9. Shiga, Y., Sagawa, K., Takai, R., Yamagata, H., and Hayashi, S., Regulation of HOM protein expression in crustaceans, Daphnia Genomics Consortium Annual Meeting, 2003/9, Manchester, New Hampshire, USA.
10. Shiga, Y., Sagawa, K., Takai, R., Yamagata, H., and Hayashi, S., Regulation of protein expression in crustaceans. The meeting on "Evolution of developmental diversity", Cold Spring Harbor Laboratory, 2004/4, New York, USA
11. Shiga, Y., Sagawa, K., Takai, R., Yamagata, H., and Hayashi, S., Hox gene fusion and evolution of divergent translational controls in crustaceans. The 12th CDB meeting on “Diversity of developmental mechanisms in invertebrates”, 2005/2, Kobe, Japan. (招待講演).
12. Shiga, Y., Yamagata, H., and Hayashi, S., Molecular mechanism of DISTAL-LESS induction and formation of multiply directed proximodistal axes in developing Daphnia thoracic legs. Daphnia Genomics Consortium Annual meeting, 2006/1, Indiana, USA
13. Shiga, Y., Hayashi, S., and Yamagata, H., Mannual annotation of developmental genes in Daphnia pulex by comparison with D.magna genomic and cDNA sequences. Daphnia Genomics Consortium Annual Meeting, 2007/7, Indiana, USA
14. Shiga, Y. Hox genes in the water flea, Daphnia (Cladocera, Crustacea). TMU ImpGrad mini-symposium “Body patterning and evolution of Invertebrates”, 2008/3, Tokyo, Japan(招待講演)
15. Shiga, Y., Evolution of Hox and carapace developing genes in the water flea, Daphnia (Anomopoda, ‘Cladocera’, Branchiopoda). The 16th CDB meeting on“Cis-sequence Regulation and its Evolution”, 2008/9, Kobe, Japan.

16. Shiga, Y., Co-option of a conserved gen regulation module during the evolution of wings, carapace and other flat outgrowths. Daphnia Genomics Consortium 2010 Meeting, 2010/3, Leuven, Belgium.

国内学会発表
1. 志賀靖弘、坪井昭夫、山形秀夫、鵜高重三、Bacillus brevisが分泌する菌体外プロテアーゼインヒビターの遺伝子の解析、日本農芸化学会中部支部会、1990/10、名古屋
2. 志賀靖弘、山形秀夫、鵜高重三、Bacillus subtilisの生産する菌体内プロアーゼインヒビター遺伝子の解析、日本農芸化学会1991年度大会、1991/4、京都
3. 志賀靖弘、山形秀夫、鵜高重三、枯草菌菌体内プロテアーゼインヒビターの遺伝子の解析(第2報)、日本農芸化学会1992年度大会、1992/4、東京
4. 志賀靖弘、山形秀夫、鵜高重三、Bacillus brevisの生産する菌体外プロテアーゼインヒビターの生理的役割、日本農芸化学会1994年度大会、1994/4、東京
5. 志賀靖弘、林茂雄、ショウジョウバエの発生研究における生体マーカーとしてのGreen Fluorescent protein (GFP)、 第17回日本分子生物学会年会、1994/12、神戸
6. 時下進一、志賀靖弘、木村祥子、太田敏博、小林道頼、花里孝幸、山形秀夫. ミジンコのヘモグロビン遺伝子の解析、第19回日本分子生物学会年会、1996/8、札幌
7. 志賀靖弘、時下進一、太田敏博、花里孝幸、山形秀夫. 環境分子生物学研究対象としてのミジンコ、第19回日本分子生物学会年会、1996/8、札幌
8. 山形秀夫、時下進一、志賀靖弘、太田敏博、木村祥子、小林道頼、花里孝幸. ミジンコの遺伝子解析、日本陸水学会第61回大会、1996/9、札幌
9. 太田敏博、時下進一、志賀靖弘、山形秀夫、花里孝幸. オオミジンコ卵のin vitro培養系を用いたエチレンチオウレアの発生毒性の検出、バイオアッセイ研究会、エコトキシコロジー研究会合同研究発表会、1996/9、東京
10. 太田敏博、時下進一、志賀靖弘、花里孝幸、山形秀夫. オオミジンコの単為生殖卵を用いた発生毒性の検出法、日本動物実験代替法学会第10回大会、1996/12、東京
11. 時下進一、志賀靖弘、木村祥子、太田敏博、小林道頼、山形秀夫. ミジンコ のヘモグロビン遺伝子の解析、日本農芸化学会1997年度大会、1997/4、東京
12. 志賀靖弘、時下進一、太田敏博、山形秀夫. ミジンコの形態形成遺伝子のクローン化とその発現部位の同定、日本農芸化学会1997年度大会、1997/4、東京
13. 林茂生、亦勝美穂、志賀靖弘、後藤聡、共焦点レーザー顕微鏡の分子・細胞・個体観察への応用、日本電子顕微鏡学会第53回学術講演会、1997/5月、尼崎
14. 時下進一、木村祥子、志賀靖弘、太田敏博、小林道頼、山形秀夫. ミジンコヘモグロビン鎖遺伝子の構造およびクラスター構成の解析、第20回日本分子生物学会年会、1997/12、京都
15. 木村祥子、時下進一、志賀靖弘、太田敏博、小林道頼、山形秀夫. ミジンコの多量体ヘモグロビンを構成するサブユニット群の解析、第20回日本分子生物学会年会、1997/12、京都
16. 志賀靖弘、時下進一、太田敏博、山形秀夫. ミジンコ のウルトラバイソラックス (Ubx) 遺伝子の解析、第20回日本分子生物学会年会、1997/12、京都
17. 加藤 輝、時下進一、志賀靖弘、太田敏博、小林道頼、山形秀夫. タマミジンコのヘモグロビン鎖 cDNA の単離と分子進化的解析、日本農芸化学会1998年度大会、1998/4、名古屋
18. 木村祥子、時下進一、志賀靖弘、太田敏博、小林道頼、山形秀夫. オオミジンコのヘモグロビン遺伝子群およびサブユニット鎖の解析、第21回日本分子生物学会年会、1998/12、横浜
19. 加藤 輝、時下進一、志賀靖弘、太田敏博、小林道頼、山形秀夫. タマミジンコのヘモグロビン鎖 cDNA 及びゲノム DNA の解析、第21回日本分子生物学会年会、1998/12、横浜
20. 志賀靖弘、林 茂生、秋元 愛、時下進一、太田敏博、山形秀夫. ミジンコ Antennapedia 遺伝子産物のショウジョウバエ胚における機能解析、第21回日本分子生物学会年会、1998/12、横浜
21. 安本龍祐、志賀靖弘、時下進一、太田敏博、山形秀夫. オオミジンコの distal-less 遺伝子の解析、第21回日本分子生物学会年会、1998/12、横浜
22. 志賀靖弘、林茂生、時下進一、太田敏博、山形秀夫、ミジンコ Antennapedia 遺伝子産物のショウジョウバエ胚における機能解析、日本発生生物学第32回大会、1999/5、神戸
23. 志賀靖弘、林茂生、時下進一、太田敏博、山形秀夫、ミジンコ Antennapedia 遺伝子産物のショウジョウバエ胚における機能解析、第22回日本分子生物学会年会、1999/12、福岡
24. 安本龍祐、志賀靖弘、太田敏博、山形秀夫、ミジンコ Daphnia magnaDistal-less 遺伝子の解析、第22回日本分子生物学会年会、1999/12、福岡
25. 高木憲一郎、志賀靖弘、時下進一、太田敏博、山形秀夫、オオミジンコ decapentaplegic 遺伝子の解析、第22回日本分子生物学会年会、1999/12、福岡
26. 秋元愛、志賀靖弘、太田敏博、山形秀夫、オオミジンコ hedgehogwingless遺伝子の解析、第22回日本分子生物学会年会、1999/12、福岡
27. 志賀靖弘、林茂生、山形秀夫、ミジンコ Antennapedia 遺伝子産物のショウジョウバエ胚における機能解析、日本発生生物学会第33回大会、2000/5、高知
28. 高木憲一郎、志賀靖弘、山形秀夫、ミジンコ Daphnia magnadecapantaplegic 遺伝子の解析、第23回日本分子生物学会年会、2000/12、神戸
29. 佐川和徳、志賀靖弘、山形秀夫、ミジンコ Daphnia magna における vasa 相同遺伝子の解析、第23回日本分子生物学会年会、2000/12、神戸
30. 佐川和徳、志賀靖弘、山形秀夫、ミジンコ Daphnia magna における vasa 相同遺伝子の解析、第24回日本分子生物学会年会、2001/12、横浜
31. 高井理恵子、志賀靖弘、山形秀夫、ミジンコUltrabithoraxおよびAntennapedia遺伝子のクラスター構造の解析、第24回日本分子生物学会年会、2001/12、横浜
32. 長屋紗代、志賀靖弘、山形秀夫、ミジンコ Daphnia magnaperlecan 遺伝子の解析、第24回日本分子生物学会年会、2001/12、横浜
33. 木村祥子、時下進一、志賀靖弘、太田敏博、小林道頼、山形秀夫、オオミジンコにおける Arnt の組織特異的な発現、第24回日本分子生物学会年会、2001/12、横浜
34. 佐藤真理子、牧口恵美、津田真尚、登那木大樹郎、志賀靖弘、時下進一、高橋滋、高橋勇二、三浦卓、転写調節因子ATF5の酸化ストレス応答への関与、日本農芸化学会2002年度大会、2002/3、仙台
35. 志賀靖弘、山形秀夫、林 茂生. 甲殻類ホメオティック遺伝子の機能と進化、第75回日本生化学会大会、シンポジウム「形態形成遺伝子の分子進化と形態多様性」、2002/10、京都(招待講演)
36. 時下進一、加藤泰彦、木村祥子、中村周平、倉本英幸、志賀靖弘、太田敏博、山形秀夫、内分泌撹乱物質に対するミジンコ核内レセプター遺伝子の解析、第75回日本生化学会、2002/10、京都
37. 花尾康平、太田敏博、時下進一、志賀靖弘、増井良治、倉光成紀、鵜高重三、山形秀夫、高度好熱菌Thermus thermophilus HB8株のタンパク質DsbEBacillus brevis による分泌生産、第75回日本生化学会、2002/10、京都
38. 中村周平、加藤泰彦、時下進一、倉本英幸、志賀靖弘、太田敏博、山形秀夫、エクジステロイドが Daphnia magna vitellogenin 遺伝子の発現に及ぼす影響、環境ホルモン学会第5会研究発表会、2002/11、広島
39. 政所由美子、時下進一、志賀靖弘、太田敏博、高橋勇二、山形秀夫、ミジンコ HIF-1α(Hypoxia inducible factor-1α)相同因子の単離と解析、第25回日本分子生物学会年会、2002/12、横浜
40. 倉本英幸、加藤泰彦、中村周平、志賀靖弘、時下進一、太田敏博、山形秀夫、オオミジンコのエクジソン応答に関与する核内レセプター、第25回日本分子生物学会年会、2002/12、横浜
41. 原洋一郎、志賀靖弘、時下進一、山形秀夫、ミジンコ Daphnia magna におけるAbdominal-B 遺伝子の解析、第25回日本分子生物学会年会、2002/12、横浜
42. 志賀靖弘、山形秀夫、林 茂生、ミジンコ付属肢の形態多様性とホメオティック遺伝子群の分子進化、日本発生生物学会第36回大会、2003/6、札幌(シンポジウム、招待講演)
43. 佐川和徳、志賀靖弘、山形秀夫、ミジンコDaphnia magna におけるvasa 相同遺伝子の解析、日本発生生物学会第36回大会、2003/6、札幌
44. 丸山 恵、志賀靖弘、山形秀夫、オオミジンコDaphnia magnaにおけるextradenticle/ homothorax 遺伝子の解析、日本発生生物学会第36回大会、2003/6、札幌
45. 多田宣紀、志賀靖弘、山形秀夫、ミジンコDaphnia magnaにおけるDachshund相同遺伝子の解析、日本発生生物学会第36回大会、2003/6、札幌
46. 岡山 文、佐川和徳、志賀靖弘、山形秀夫、ミジンコDaphnia magna 付属肢の形態形成過程に関与するTGF-beta/BMP遺伝子群の解析、日本発生生物学会第36回大会、2003/6、札幌
47. 倉本英幸、加藤泰彦、中村周平、時下進一、志賀靖弘、太田敏博、山形秀夫、オオミジンコのエクジソン応答に関与する核内レセプター、第26回日本分子生物学会年会、2003/12、神戸
48. 時下(木村)祥子、時下進一、小林紀子、志賀靖弘、太田敏博、山形秀夫、オオミジンコArntおよびTrhの解析、第26回日本分子生物学会年会、2003/12、神戸
49. 時下進一、時下祥子、志賀靖弘、太田敏博、小林道頼、山形秀夫、枝角目甲殻類(ミジンコ類)の遺伝子解析、日本陸水学会第69回大会、2004/9、新潟
50. 志賀靖弘、佐川和徳、坂口裕美、高井理恵子、山形秀夫、林茂生、甲殻類生物で見出されたホメオティック遺伝子の融合発現、日本発生生物学会第38回大会、2005/6、仙台
51. 荒金由布子、佐川和徳、山形秀夫、志賀靖弘、オオミジンコ Daphnia magnavestigial scalloped 遺伝子の解析、日本発生生物学会第38回大会、2005/6、仙台
52. 成戸愛子、諏訪真紀子、時下進一、志賀靖弘、太田敏博、山形秀夫、オオミジンコ ME31B ホモログの単離と解析、第28回日本分子生物学会年会、2005/12、福岡
53. 本多志織、 時下進一、志賀靖弘、太田敏博、山形秀夫、幼若ホルモンアゴニストによるオオミジンコヘモグロビンの発現調節、第28回日本分子生物学会年会、2005/12、福岡
54. 荒金由布子、佐川和徳、山形秀夫、志賀靖弘、Analysis of Daphnia magna scalloped gene、第28回日本分子生物学年会、2005/12、福岡
55. 志賀靖弘、山形秀夫、林茂生、Molecular mechanism of DISTAL-LESS induction in developing Daphnia thoracic legs、日本発生生物学会第39回大会、2006/6、広島
56. 志賀靖弘、荒金由布子、原口卓之、林茂生、山形秀夫、昆虫類の翅マスター遺伝子 vestigial および scallopedのオオミジンコにおける相同遺伝子の解析、BMB2007(第30回日本分子生物学年会/第80回日本生化学会大会合同大会)、2007/12、横浜
57. 小早川尚慶、砂川英紀、山形秀夫、志賀靖弘、オオミジンコの胚発生過程におけるTGF-betaレセプターの発現領域の解析、BMB2007(第30回日本分子生物学年会/第80回日本生化学会大会合同大会)、2007/12、横浜
58. 志賀靖弘、荒金由布子、原口卓之、山形秀夫、Analyses of master genes for insect wing development, vestigial and scalloped, in the water flea, Daphnia magna (Crustacea, Cladocera). 日本発生生物学会第41回大会(ISDB共催)、2008/5、徳島
59. 細井友康、佐川和徳、山形秀夫、志賀靖弘、オオミジンコHox遺伝子の発現領域の解析、BMB2008(第31回日本分子生物学年会/第81回日本生化学会大会合同大会)、2008/12、神戸
60. 砂川英紀、佐川和徳、山形秀夫、志賀靖弘、オオミジンコの付属肢における遠近軸形成の解析、BMB2008(第31回日本分子生物学年会/第81回日本生化学会大会合同大会)、2008/12、神戸
61. 上原政樹、山形秀夫、志賀靖弘、オオミジンコNotch遺伝子の単離と解析、BMB2008(第31回日本分子生物学年会/第81回日本生化学会大会合同大会)、2008/12、神戸

62. 砂川英紀、山形秀夫、志賀靖弘、Molecular analyses of multidirectional proximodistal axes formation in developing Daphnia limbs. 日本発生生物学会第42回大会、2009/5、新潟
63. 原口卓之、舩造知佳、志賀靖弘、Analyses of insect wing-developing genes in the brine shrimp Artemia franciscana. 日本発生生物学会第42回大会、2009/5、新潟
64. 志賀靖弘, 原口卓之, 荒金-野村由布子, 山形秀夫、Co-option of a conserved gene regulatory module during the evolution of wings, carapace and other flat outgrowths、第32回日本分子生物学年会、2009/12、横浜
65. 上原政樹, 山形秀夫, 志賀靖弘、オオミジンコNotchシグナル伝達経路に関わる遺伝子群の解析、第32回日本分子生物学年会、2009/12、横浜
66. 小松原英介, 志賀靖弘、Analysis of microRNAs in the Hox cluster in the water flea, Daphnia magna、第32回日本分子生物学年会、2009/12、横浜
67. 小松原英介、 志賀靖弘、Analysis of microRNAs in the Hox cluster in the water flea, Daphnia magna、第43回日本発生生物学会年会、2010/06、京都
68. 志賀靖弘、Co-option of a conserved gene regulatory module during the evolution of flat outgrowths in Arthropod. International Workshop “Evolving shapes and development – viewed from changes in gene regulations” 第12回日本進化学会大会、2010/8、東京(招待講演)
69. 森田慎一、時下進一、志賀靖弘、太田敏博、オオミジンコにおける single-minded の胚発生過程における発現、第33回日本分子生物学年会(BMB2010)、2010/12、神戸
70. 小松原英介、志賀靖弘、Analysis of microRNAs in the Hox cluster in the water flea, Daphnia magna、第33回日本分子生物学年会(BMB2010)、2010/12、神戸
71. 池田匡、志賀靖弘、オオミジンコにおけるNK遺伝子の単離と解析、第33回日本分子生物学年会(BMB2010)、2010/12、神戸

科学研究費取得状況
1. 1997-1998 奨励A 「ミジンコの形態形成遺伝子の機能と分子進化」代表 210万円
2. 1997-1999 基盤C 「ミジンコ類の進化と形態多様性に関する分子生物学的研究」分担
3. 1999-2000 奨励A「ミジンコの形態形成遺伝子群の機能と分子進化」代表 220万円
4. 2001-2002 奨励A/若手B 「ミジンコの形質転換系の開発と形態形成遺伝子群の機能解析」代表 180万円
5. 2003-2004 若手B 「ミジンコ付属肢の形態多様性と形態形成遺伝子群の発現制御機構の分子進化」代表 380万円
6. 2006-2007 基盤C 「甲殻類生物で見いだされたホメオティック遺伝子融合発現の生理的意義の解明」代表 360万円
7. 2008-2010 基盤C 「甲殻類の翅と鰓脚亜綱甲殻類の背甲との進化的関係の解明」代表 210+90+70万円

教育
1995 - present 酵素誘導実習(2年生学生実習)
1996 - present 発生分化実習(3年生学生実習)
2008 微生物学特論I(分担・大学院生対象)
2008 - present 環境生命科学特講(分担・3年生対象)
2008 - present 科学英語(分担・3年生対象)
2009 - present 生命と環境の科学(分担・2年生対象)

その他(学外セミナーなど)
2010 名古屋大学GCOEセミナー/アドバンス生命理学特論「節足動物の形態多様性の成立を遺伝子レベルで探る 〜ミジンコ形態形成遺伝子群の研究を中心に〜」