教育活動

第18回海外特別研修日誌(2016年)

海外研修17日目、研修最終日。

 今日はついに卒業式でした! 私のホストファミリーは私が家を出るより前にバケーションのためアラスカに行ってしまい、朝早くのお別れとなりました。ボキャブラリーが少ないため、簡単な英語をフルに使い、折り紙に感謝の気持ちを書き、プレゼントしました。折り鶴も送りました!とても喜んでくれてわたしもHappy(^-^)

B612_20160817_220906.jpg

ホストファミリーに送った手紙と鶴

 

 卒業式では1年生4人が英語でスピーチをしました。みんな初日に比べて、スラスラと英語が出てくるので毎日授業でSpeakingの練習をした甲斐があります。

B612_20160818_102150.jpg

修了式での代表スピーチの様子

 

 UCIの先生方や研修をサポートしてくれたカールさん、新井さんには本当にお世話になりました。もちろん、引率の萩原先生、青木先生、またホストファミリーのみなさんにも感謝の気持ちでいっぱいです。

 お別れはとても悲しい。でもそれ以上に、18日間で出会った1人1人、また、挑戦したこと、すべての思い出が最高の宝物です。

 また必ずアーバインに戻って来たい!!そう思えるほど素晴らしい時間を過ごすことができました。

DSC_0194_0.jpg IMG_0863.jpg

LAの空港に向かうバスの中(左)とロサンジェルス国際空港での搭乗手続き(右)の様子

 

 無事に帰国でき、成田空港では、みんな安心したのかとても眠そうでした。 

私はしばらく時差ボケに悩まされそうです。笑

(井上)

海外研修16日目、帰国の前日です。

 アメリカでの最後の授業は英語でのプレゼンテーション研修です。このプレゼンテーションでは、今日までにHost family, Site visits, English class, Conversation partner meeting などの研修内容を通じて学んだことや経験したこと、面白かったことなどについて、ポスターにまとめて、みんなの前に出て一人づつ発表しました。自分とは違うホストファミリーのところで仲間がどのように過ごしたかといった様子や、CPとの関わり方など、自分だけではわからないような内容も共有することができ、大変参考になりました。

IMG_1290.jpg IMG_1291.JPG
 午後は帰国準備のためいつものようなアクティビティはなかったので、日本へのお土産を買いに少し遠出してショッピングモールに行ったり、ホストファミリーとおしゃべりをしてゆったりとしたり様々でした。
 夕食は、今回参加した本学研修生の宿泊の面倒を見ていただいた全てのホストファミリーを招待して、Makino Zushi というバイキング形式の日本食レストランで感謝の食事会をしました。しばらく食べることがなかった寿司やラーメンなど沢山の日本食があり、各々とても美味しく頂きました。ホストファミリーもとても美味しいと喜んでくれて、感謝の言葉をもらいました。
IMG_1260.JPG IMG_1287.JPG

 とうとう明日で海外研修が修了してしまいます。こちらに来る前に立てた目標ややりたかったことについて、やり残しがないように残された時間を楽しみたいと思います。(小松崎・野澤)

海外研修15日目。

 今日はいつものように午前中英語の授業を受けた後、University of California, Irvine 校のキャンパス内にあるHitachi Chemical Research Center の訪問研修に参加しました。

 Hitachi Chemical Research Centerでは、3つの研究テーマを主軸にしているそうです。その中でも私が特に気になったのは、Circulating Tumor Cells (CTC、血中循環腫瘍細胞)のフィルター濃縮技術の研究でした。CTCは正常な血中循環細胞よりも大きいので、半導体微細加工技術を応用して形成したフィルターでCTCを濃縮するそうです。ここで腫瘍細胞の大きさはどれも同じ大きさなのか、それよりも小さい癌細胞は存在しないのか疑問に思いましたが、質問しそびれてしまいました。後で自分で調べて答えを探したいと思います。

IMG_0686.jpg IMG_0689.jpg

 また、Hitachi Chemical Research Centerのラボ見学もさせていただきました(中は企業秘密とのことですので詳細なご紹介は控えます)。普段入ることができない場所なのでとても貴重な体験でした。僕が実習で使ったことのある器具もありました。見学の際の説明を聞いているとき、普段勉強していることがいかに大切か思い知らされました。普段の勉強を疎かにしないようにしようと思いました。

 Hitachi Chemical Research Center Tour後、友達とキャンパス近くのスーパーマーケットに行きました。お土産たくさん買いました!喜んでくれるといいなぁ…。滞在期間も残り僅かなので1つでも多くのことを学んで実りある海外研修にしたいと思います。

(林・村田)

海外研修14日目。

 この度の研修もとうとう残り三日となりました。Host familyとのご飯も今日を入れて後二日、みんな日本にも帰りたいがアメリカも恋しくなっている時期でしょう。

 今日は研修を受けているカリフォルニア大学アーバイン校の教授であるBlumberg教授による、「動物が肥満症の原因となる内分泌撹乱物質(EDCs)に晒された際の影響」という内容のレクチャーを受けました。まず、EDCsは様々な商用化学製品に含まれていて、これらは人体ホルモン作用に影響を及ぼし、肥満症を促進や癌の原因になっていることを紹介していただきました。そして、実はEDCsに暴露された影響が世代を超えて影響を及ぼすという最新の研究成果について学びました。とても難しい講義で理解するのに頭がフル回転でした。生命科学の背景知識がもっとあれば、もう少し容易に理解できたのではないかと思いました。

IMG_0671.jpg IMG_0674.jpg

 講義が終わった後は地元のスーパーで買い物をし、ホストマザーとイタリアンを食べに行きました。ピザがとても大きく食べきれないので持ち帰り朝食となります。これがアメリカです。家に着いてからはたくさんの猫たちに歓迎されます。とても可愛い家族たちです。この子たちと過ごせるのもあと三日。一日一日大切にしたいと思います。

(小林・宮崎)

picture01.png picture02.png

海外研修13日目(休息日)。

 今日は日曜日で、授業がないので、それぞれが様々なアクティビティを計画して有意義な時間を過ごします。私は友達3人とロサンゼルスに行く計画を立てました。ちなみに1人でディズニーに行くことにした強者もいました。

 ロサンゼルスでは、チャイニーズシアターという有名人のサインと手形のプレートが地面に埋め込まれた場所に行ったのですが、私たちのような観光客以外にも観光客ではなさそうな人が沢山いました‼︎そのうちにディズニーキャラクターなどのコスプレをした人が、肩を組んできて「写真を一緒に撮ろう」と声をかけられました。友達が詐欺まがいだから止めるように私に注意してくれて何もなかったのですが、もし一緒に写真を撮っていたらお金を請求されたかもしれないとのことでした。危うくいいカモになってしまうところでした(トラブルにならず良かった・・・)。不慣れなところでは、細心の注意を払い初心者は絶対に1人で行動しないことをオススメします!

IMG_0677.jpg IMG_0678.jpg

 そんな気の抜けないロサンゼルスですが、大きなショッピングモールや安い雑貨屋さんがあり女子にはたまらない場所だと思います!お昼はモール内にある日本料理やさんでYakitorijyuを食べました。
 それでは!残りの4日間を有意義に過ごすことが出来ますように(^-^)。(工藤・渡邊)

IMG_0681.jpg IMG_0680.jpg

海外研修12日目(休息日)。
 今日はハリウッドにあるユニバーサルスタジオに行きました。大学からバスで1時間半ほどの距離にあり、行きのバスの中からハリウッドのサインボードを見る事が出来ました。最初に見たウォーターワールドのショーでは Soak Seat(ずぶ濡れ席)に座ったため、たくさん水をかけられ、服から水がしぼれるほど濡れてしまいました。リベンジオブザマミーは、スペースマウンテンとインディージョーンズを組み合わせたような乗り物で楽しかったです。日本のジュラシックパークでは、落下距離が 25.9 mですが、アメリカでは 0.9 m短い 25 mだそうです。落下距離は短いのに水しぶきは日本の約2倍でびしょ濡れになりました。順番待ちの途中で二度の故障によるアトラクションの中断に巻き込まれ、係員の人から二度もジェリービーンズをもらいました。アメリカでは故障したら取り敢えずジェリービーンズを配ることになっているようです(止まる=ジェリービーンズを配る)。ジェリービーンズは美味しく無かったですが、優先パスをもらう事が出来き、その後は効率よくパークを回る事が出来ました。日本には無いアトラクションもあり、とても充実した1日でした。最後の週末が終わってしまい、残すところあと数日ですが、多くの事を学んで日本に帰りたいと思います。
(浅野、梅野)

IMG_5524.jpg
ユニバーサルスタジオの入り口での集合写真
IMG_5522.JPG IMG_5523.JPG

(左)バスの中から見えるハリウッドのサインボード、(右)ジュラシックパーク後の濡れた私達

海外研修11日目。
 今日のReading/Writingの授業では動画を観て内容を理解し、それに基づいた英文を1つ作るということをしました。今回観た動画には、字幕が全くついていなかったので内容を理解するのが本当に難しかったのですが、文章を必ず1つ作らなければいけないという課題が出ていたので、皆で必死に頑張りました。

 自分の英語力が足りず、話が聞き取れないことや思ったように伝えられないことで、毎日もどかしい思いをたくさんします。ですが、授業を通して最初の頃と比べると少しは成長できているのではないかと実感できると、とても嬉しく思います。

 Speaking/Listeningの授業ではFinal Presentationに向けてposter boardの作成に取りかかりました。Final Presentationでは、海外研修での思い出を1人ずつ発表します。英語での発表は緊張しますが、海外研修で得た貴重な経験を、他の人にも楽しく伝えることができるように頑張りたいと思います。

image1.JPG
Yellow class Speaking/Listeningの授業

 そして午後はConversation partnerとColona Del Marというビーチに行きました。海はもちろん、その周りの景色もとても綺麗なビーチでした。海沿いには日本では考えられないぐらいの大きくてお城のようなお家がたくさん建っていて、住宅街の景色がとても豪華です。よくオススメされるビーチの1つなので、皆さんもIrvineに来た際は是非Colona Del Marへ!なのであえて海の写真は載せません!笑

(石倉、金子)

image2.JPG image3.JPG
(左)Colona Del Marビーチ
(右)そしてNew Port Beach沿いにはとても可愛いお花が咲いていました。街並みも道ばたの花も、なぜかとても可愛く見えます。

海外研修10日目。

イエロークラスの午前の授業は、引き続き一限目にReading/Writing、二限目にSpeaking/Listeningを行いました。

 一限目では、TEDのプレゼンテーションを見ながらメモを取り、その後その内容を要約した文章を書くという課題に取り組みました。何かを聞きながらメモをとる作業は、大学の授業においても、また社会に出てからも必要なスキルであると日本でも痛感していました。また、話の内容を理解しながら、必要な部分を書き留めるのことは日本語でも自分ではまだまだであると思っていました。それが英語となると、更に難しく感じられました。この課題で、英語のListening,Writingのレベルを上げることをこれからやっていこうと思うと共に、大学に戻ってからも肝心な部分をメモしまとめることを意識して行きたいと思いました。

1471052356103.jpg

 二限目では、体の器官や病気についての単語の学習、それらの単語を聞き取るListening、そして健康についての会話をペアで練習するSpeakingや各々の健康法を出し合いました。私は、生命医科学科に所属しているので、知らなかった単語を吸収しようと取り組みました。また、Speakingでは連音の練習を何文かしました。先生は、教科書で英語を勉強しても、ネイティブが話す英語は文字通りではない、だから連音を知らないと当然どんな単語を言っているのか分からないから意味も分からない、と仰っていました。その通りだなと思いました。ネイティブの方がしゃべっているのが早いと感じるのも連音が分かっていないからというのも一つの要因だと思っていました。英語において自分がやりたいことに、どんな勉強が必要なのかを考えることを必要であると改めて考えました。

 午後はUCIの教授であり世界的にも有名な Shin Lin 博士にお時間を作っていただき太極拳について教わりました。欧米では長年西洋医学に重きを置いていましたが、近年では代替医療が主流となり、東洋医学も病気の治療法として認められるようになりました。Shin Lin 博士は東洋医学のなかでも太極拳を用いた治療について研究を重ねてらっしいます。元は気功という概念は2000年ほど前から存在し、気功を用いた武術の中でも太極拳は約400年前に始まったとされています。Shin Lin 博士は、体温、電流、血流などを測定し太極拳を行う前後で比較することで、太極拳に効果があることを示されました。プレゼンテーションの最後には太極拳の動きをいくつか教えて頂きました。この貴重な体験を通じてこれからの医療のありかたや将来のついてよく考えていきたいと思います。

 質疑応答では、なぜ力を入れないで構えているかを実演して下さいました(写真)。

授業後は家に直接帰り、ホストファミリーと夜ご飯の仕度をしました。私達は味噌汁を作りました。その後、最終日に行うポスタープレゼンテーションで使うPoster Boardを金曜日までに買うという課題のため、家の近くにあるtargetというスーパーマーケットにホストファミリーに連れていって頂きました。TARGETはとても便利なスーパーでこちらでは頻繁に見かけます。(濃沼・上野)

1470972823623.jpg 1470988272778.jpg

大学からバス停までの道と夕食の様子

1470988249274.jpg IMG_20160810_223039.jpg

スーパーマーケット、TARGETと授業で使うPoster Board

海外研修9日目。

今日は午前はレクチャー、午後はカンバセッションパートナー(CP)とのミーティングでした。
ブルークラスでは1時限目にReading/Writing、2時限目にSpeaking/Listeningを主に学びました。特にスピーキングでは"th"の発音の仕方など、発音の少し難しい英単語について、先生の分かりやすい実演とその後のレッスンで正しい発音ができるように練習しました。
ここまでの研修とホームステイを通して、英語の発音がしっかりできないと上手く意思が伝わらないことを実感していたので、正しい発音がとても大切だということを学びました。毎回の授業でいろいろな英語表現と発音を教えてくれるのでしっかりとマスターしていきたいと思います。

IMG_0522.jpg IMG_0517.jpg IMG_0519.jpg

午後はCPとバスケットボールやカードゲームなどを通して英語での日常会話力の向上に努めました。CPとのレッスンも4回目を迎え、英語での交流にも少し慣れてきました。CPとの交流で、カードゲームの日本とアメリカとのルールの違い、価値観の違い、英語には無い日本語表現をどう伝えるかなど、多くのことを学ぶ機会になりました!(梶原・勝矢)

海外研修8日目。

 イエロークラスでは、英語をより英語らしく話すために必要となる、リンキングについて教わりました。が、これがとても難しくて、なかなか先生が発音しているような、ネイティブらしい発音ができませんでした。あと、まだ、1週間くらい、アメリカに滞在するので、たくさんネイティブの人の発音を聞いて、少しでも吸収して、自分でも、流暢に話すことができるようになればいいなと思いました。次回の授業でプレゼンについて詳しい説明をすりといったので、どういったものなのかとても不安に思っています。

 ブルークラスの1限目は、前回昨日練習した単語についての簡単なテストから授業が始まりました。今回教科書の内容で注目したい英単語ー今回は都市に関することーを含んだ質問を与えられ、その質問に対する答えを考えることで、その単語をより理解することができました。

IMG_0536.jpg IMG_0556.jpg

 2限目は、教科書を使ってのリスニングを中心に、ペアになって英単語や文の発音練習などもしました。今回は普段よりもペアでの活動が多かったので、楽しく学ぶことができました。また、私たちは午後の訪問研修でMedical Centerに行くことになるのですが、その時の説明がわかるように、体の部位や測定などに使われる道具などを英語でなんというかも教えていもらいました。

 Leu先生は話しているうちにだんだん早くなっていくので、研修が始まった当初は全然聞き取れず、何を言っているのかわからなかったのですが、最近は少しずつ聞き取れるようになっていっているところが、成長しているんだなと実感できて、とても嬉しいです。

病院名称.jpg IMG_0564.jpg

 午後の訪問研修では、先ほど述べたようにMedical Centerへと出発しました。 Medical Centerでは、薬剤師の仕事がどのようなことがあり、どのような立場で勤務しているかなど、薬剤師に関する多くの話を聞かせていただいたあと、ガン専門の治療棟とダグラス病院内を見学させてもらいました。(栗村、小山)

IMG_0566.jpg

栢木さんが現地スタッフの人にインタビュー

ダグラス病院.jpg

訪問研修先のダグラス病院の写真です。私たちが普段見ている大学病院よりもさらに大きく見えました

ページ

RECENT POSTS