在学生の声

畑 綾乃 さん

色々なことに挑戦できる大学です

応用生命科学科4年(環境応用動物学研究室)

 私がこの大学に来て一番魅力を感じたのは教授の方々をはじめとし、接してくださる皆さんの親身な姿勢や面倒見の良さです。生命科学部ではアドバイザー制度があり、1年次から学生一人一人にアドバイザーとして自身が志望する研究室の先生がつき、学習面や進路についていつでも気軽に相談することが出来る環境が整っています。

 私が所属している環境応用動物学研究室では、外部環境からのストレスに対して動物や細胞がどのような生理応答をしているのかを研究しています。私は、講義などで生命科学を学んでいく中で、食文化と病気との関係に興味を持ちました。そこで、卒業研究は、食べ物を消化・吸収する腸を用いて実験しています。1〜3年次までの生命科学実習とは異なり、研究室での研究には答えがなく、先生や先輩、友達とディスカッションすることによって試行錯誤しながら、新しいことを学び充実した毎日を送っています。

 また、私は中学高校理科の教職課程を履修していました。教職課程は履修単位が多いため、課題や教育実習などを含め、授業や研究室との兼ね合いがとても大変でした。しかし、教職課程でしか学ぶことが出来ない授業、介護体験、教育実習など貴重な体験が出来たことから、自身の学びに大きくつながったと感じています。