平成29年度 私立大学研究ブランディング事業(文部科学省)に東京薬科大学の「健康社会の実現に向けた創薬化学の展開と人財育成」が採択されました。

 

 私立大学研究ブランディング事業は,学長のリーダーシップの下、大学の特色ある研究を基軸として、全学的な独自色を大きく
打ち出す取組を行う私立大学等に対し、文部科学省が経常費・設備費・施設費を一体として重点的に支援するものです。

この事業のタイプB【世界展開型】として、本学から提案していた「健康社会の実現に向けた創薬化学の展開と人財育成」が採択されました。
基礎生命科学研究を行う生物学系の研究室と有機化学・情報科学系の研究室とが協力して大学発の新薬を生み出す「アカデミア創薬」と、創薬人財の育成を目指します。