分子神経科学研究室の4年生の松本直人くん(掲載写真右)、金子みなみさん(掲載写真左)、渡辺夏未さん(2017.11.18の論文発表項に掲載)が卒業研究の内容を誌上発表しました。

 

Naoto Matsumoto*; Minami Kaneko*; Natsumi Watanabe*; Misa Itaoka; Yoich Seki; Takako Morimoto; Tomohiro Torii; Yuki Miyamoto; Keiichi Homma; Junji Yamauchi (These author equally contributed to this work): Treacher Collins syndrome 3 (TCS3)-associated POLR1C mutants are localized in the lysosome and inhibits chondrogenic differentiation. Biochemical and Biophysical Research Communications, in press

 

(訳)松本直人ら:トリーチャーコリンズ症候群(第三原因遺伝子)の疾患変異によって、POLR1Cがリソソームに異所局在し、軟骨分化誘導を阻害する。