在学生の声

「1年次から多くを学べる大学」

成瀬 大地 さん

応用生命科学科4年(応用微生物学研究室)

 東京薬科大学では他の大学に比べ、課題や講義も多く、入学したての頃は勉強に追われる日々でしたが、講義では基礎的なことから専門的なことまで幅広い知識を得ることができ、また1年後期という早い時期から生命科学実習があり、様々な実験を行うことができるのは一つの魅力でした。また1年次からアドバイザーとして一人一人に担当の教授がつき、成績や進路について相談ができることもとても良い点だと思います。

 現在、私は応用微生物学研究室に所属していて、ミジンコの眼を形成する遺伝子が発生過程において、どの場所や時期に発現しているかを研究しています。研究室では、全員が熱心に研究を行っており、教授陣も丁寧に指導してくれることから毎日充実した日々を送ることができています。(写真左から6人目が成瀬さん)