学科長から受験生へ

応用生命科学科 学科長から受験生へ

応用生命科学科・学科長  渡邉 一哉

渡邉学科長

生き物好きが集まる学科

 「生き物が好き」、「生物学が好き」という学生が集まる学科です。教員は、微生物、植物、動物など、様々な生き物を研究しています。田んぼの微生物を利用して電気エネルギーをつくる、温泉の微生物を利用して生活に役立つタンパク質をつくる、ミドリムシの仲間を利用してデンプンや油をつくる、ゲノムを解明して生育の良い植物をつくる、ミジンコや貝を利用して安全・安心な環境をつくるなど、楽しい研究がたくさんあります。生き物にふれる楽しさを堪能しながら、生き物のユニークな能力を我々の生活に役立てるための研究をしていきましょう。

充実した学習・研究環境

 他の農学系私立大学と比べ、学生数あたりの教員数が多いのが本学科の特徴です。国内外の学会で活躍する教員が、個々の学生を親身に指導します。学生は、1年から3年までに数多くの実習(実験)を通して研究に対する興味をふくらませ、4年になると充実した指導体制の基に卒業研究を行います。その結果、大学院に進学する学生が多いことも本学科の特徴です。

様々な分野の企業に就職

 本学科の卒業生は、食品、環境、製薬、化学、エンジニアリングなど、様々な分野の企業に就職し、広く社会で活躍しています。これは、応用生命科学が様々な分野の基礎となる学問であること、研究を通して身に着けた科学的思考が企業における仕事の基礎となることを示しています。先輩や卒業生から色々な話を聞き、それらを参考にしながら進路を決めることができます。

学部入試情報|生命科学部入試概要

https://www.toyaku.ac.jp/admissions/info/info-lifescience